タグ:田沼意次

  • 青雲の梯、老中と狂歌師、高任和夫

    徳川400年、太平の世が続いた江戸幕府。 この400年間の間、様々な文化や改革が行われましたが、その改革の中でも田沼意次ほど、毀誉褒貶の激しい人物はいないでしょう。 どちらかというと賄賂政治・成り上がりものとの評価が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
ページ上部へ戻る