タグ:織田信長

  • 信長の徳川家康討ち取り指令を利用した光秀

    織田信長は粗暴で、明智光秀と性格が合わずに、足蹴にすることが多かった。お世辞や自分を落として評価を高める秀吉に対して、マジメで律儀な光秀は苦しんでいたというのは定説。 その定説が作られたのは、秀吉&家康時代。ならば、両…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金象嵌銘光忠と津田遠江長光は織田信長の愛刀として有名

    堺の豪商「天王寺屋宗及」は、茶会記録を残しています。織田信長は名物狩りと称し茶道具の名品を収集していたことは歴史好きの方はご存知の通り。 同時に名刀や名鷹・名馬も全国から集めていました。宗及が残した記録では、天正8…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 織田信長の楽市楽座は現代にも通じる既得権のぶっ壊しが目的!

    歴史の教科書で習う楽市楽座。兵農分離と並ぶ織田信長の代表的な政策の一つです。 では、この政策を始めた人物が信長ではないことはご存じでしょうか? 六角定頼が楽市楽座を創始 代々、近江は佐々木氏が守護を務めている国で、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 信長に反旗を翻した荒木村重は茶器を持ち家族と部下を見捨てて逃げ出した?

    摂津伊丹・尼崎城などの領主だった荒木村重は、利休十哲の一人として有名な茶人兼武将です。 NHKの大河ドラマ「黒田官兵衛(軍師官兵衛)」でも、登場。 彼は、摂津の領主として織田信長の軍団長格の一人にまで出世した器量人。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 信長・家康の天下への道を開いた今川義元は愚将か名将か

    桶狭間の戦いで信長に敗れた今川義元は元祖海道一の弓取りです。 跡を継いだ息子の氏真が凡将(?)だったため今川家は、武田家と徳川家の両国から攻められて滅んでしまいます。 そのため、信長の引き立て役として愚将と描かれてい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2012-10-04-14.12.18.jpg

    織田信長の愛刀「義元左文字」

    今川義元が持っていた名刀「義元左文字」は、桶狭間の戦いで織田信長が義元を討ったときから信長の愛刀となる。 模造刀 戦国武将 織田信長拵え・名物義元左文字 左文字は、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 本能寺の変に黒幕はいたのか?朝廷それとも秀吉

    明智光秀による謀反、本能寺の変。 織田信長を討ち取った実行犯は、「明智光秀」で間違いありません。しかし、その動機は謎に包まれ、黒幕がいたのではないかと議論はつきません。 光秀をそそのかした人物は誰でしょうか?…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 織田家の後継を決める清須会議のレビュー:三谷幸喜のどたばた喜劇

    2013年に公開予定の映画、清須会議。三谷幸喜の映画・小説です。 本能寺の変の後、織田家の後継を決める会議「清須会議」を舞台にした喜劇です。 清須会議のレビューについて この清須会議、現代語で書いてあっ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
ページ上部へ戻る