真田家の引立役、徳川秀忠役は星野源に決定!

大河ドラマ「真田丸」で、徳川家康の息子にして二代将軍「徳川秀忠」を演じるのは星野源さんに決まりました。

星野源さんは、埼玉県蕨市出身の俳優・ミュージシャンと多彩な才能を持つタレント。

優男風味ですから、徳川秀忠にはピッタリではないでしょうか。

星野源さんの徳川秀忠

今回の真田丸は、真田家が主役ですから、徳川秀忠は敵役。第二次上田合戦や大阪冬の陣・夏の陣で、真田昌幸・信繫に翻弄される役どころ。真田信之も彼にはいじめられることでしょう。

その点、星野源さんの優男風味ながら、ちょっといじけたところのある風味がちょうど生かせるのではと楽しみです。

徳川家康自身、ちょっと情けなく、本多正信や本多忠勝に振り回されています。それでいて、肝心な時、明智光秀を介抱・北条家と同盟・真田昌幸を試すところでは、人情も器量もある男に描かれました。

しかし、徳川秀忠は、引立て役として、真田家に翻弄されてしまうのでしょうね。徳川家の礎を築いた二代将軍ながら可哀そうな人物。

奥川秀忠は、優男で戦でも活躍していない通説があります。ところが、増上寺に残されていた遺骸調査の結果、筋肉質で銃創もあることが判明。つまり、銃で撃たれる程の最前線に出ていた武将なんです。この銃創はどこで撃たれた傷なのか気になります。

大きな合戦に参加したのは、初陣の第二次上田合戦、大坂冬の陣・夏の陣のみ。この3つのどれかかもしくは暗殺されかかったか。

嫡男信康・次男秀康に比べて無能と言われがちですが、戦に出ていたこと、江戸幕府の基礎を築いたことからもっと評価を上げてもいいのではと思っています。跡継ぎになった理由は、性格の温厚さ・守成に向いた性質に加えて母の身分が三河守護代の西郷家だったこと。徳川家康引退そして死後も秀頼のように、混乱に陥ることなく、武家諸法度・禁中並公家諸法度を制定し、福島正則の改易などを行った政治力はなかなかのモノ。

隆慶一郎氏作の小説。影武者徳川家康では、徳川秀忠がライバルとして活躍。陰湿卑劣・小心な人物として描かれています。

真田丸は、西軍側の石田三成・大谷吉継などが美化されそうですが、ライバルも強くなければ面白くありません。徳川家康・秀忠親子の暗躍を2016年夏から見られるのが今から楽しみです。

本当に飛び上がる程、嬉しく今から楽しみでしょうがありません。星野源コメント:NHK大河ドラマ真田丸


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
ページ上部へ戻る