織田家の後継を決める清須会議のレビュー:三谷幸喜のどたばた喜劇

2013年に公開予定の映画、清須会議。三谷幸喜の映画・小説です。

本能寺の変の後、織田家の後継を決める会議「清須会議」を舞台にした喜劇です。

清須会議のレビューについて

この清須会議、現代語で書いてあって読みやすいのですが、賛否両論ありそうです。

私自身としては、小説はちょっと入り込みにくいなと感じました。映画だとドタバタ喜劇で面白いかもしれませんが。

特に、歴史好きで、柴田勝家や滝川一益などを好きな人は、ちょっとつらいかもしれません。

喜劇ですので、登場人物がおバカで愚かすぎて・・・ちょっと悲しくなってきます。

そして、最後の方で秀吉が取る行動が、・・・ある歴史事件そのままで、・・・なぜ、この事件をここで使ったのかとしらけてしまいました。

でも、歴史マニアとかではなく、三谷作品を好きな人や喜劇を好きな人は普通に楽しめると思います!

歴史的人物は、実像よりかっこよく描かれるもので、本当は、愚かで感情的な部分も大きいので、これくらいでいいのかもしれません。

三谷幸喜の作品

有頂天ホテルやマジックアワーなど三谷作品は大好きなので、改めて映画で清須会議見たいと思います。

○マジックアワーCM


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
ページ上部へ戻る